訃報の知らせを受けたら、遺族や親族であれば、

できるだけすぐに駆けつけましょう。

遺族は、お通夜やお葬式の準備に忙しく、なにかとお手伝いなどすることも多いです。
自分から、お手伝いを申し出ましょう。
そして忙しくしている遺族を、支えてあげましょう。

亡くなられた方の知人だったり、友人だったりして、
遺族や親族から直接連絡を受けるようなことがあれば、
お通夜の前に、弔問するようにしましょう。

遺族や親族が、できるだけ対面してもらいたい…と望んだ上での連絡です。
可能な限り伺うようにします。

ただし人づてになくなったという知らせを受けた場合は、
お通夜やお葬式に参列すればいいでしょう。

ただ亡くなられた方との関係を考えて、
弔問したい…願うのであれば、伺ってもかまいません。

ただし伺ってみて、遺族や親族が慌ただしくしているようであれば、控えるようにしましょう。
また長居はいけません。
弔問する時は、地味は平服で問題ありません。家族葬の詳しい情報はこちら