お通夜やお葬式が行われる時期、遺族や親戚から一助を頼まれることがあります。

最近は葬儀箇所でお通夜やお葬式を執り行なう人間が増えてきました。
そのためたいていのことは、葬儀事務所のクライアントでしてくれます。
とは言っても、ときにはナビゲートを頼まれることがあります。

お手伝いをする…は、遺族そばの現状の奴といった見なされます。
お通夜やお葬式に参会やる人間には、
ただお手伝いをしている人間…というのは、わかりません。
そのため現状をわきまえた、姿勢をください。

一助をする時は、喪服を着てのナビゲートになります。
エプロンが必要となることもあるでしょう。
そのとき、エプロンの色彩は、黒か白となります。

方面によっては、エプロンの色彩が決まっていることもあります。
前もって周りの人に確認をして置き、用意しておきましょう。

またエプロンの色彩だけではなく、
設計にたいしても最も決まりはありませんが、ケバイものは遠ざけなければいけません。家族葬の詳しい情報はこちら