カトリックのお葬式とプロテスタントのお葬式とでは、また違っています。

当然おんなじキリスト教品種のお葬式ですから、通じる界隈も多いです。
少数異なるといえるでしょう。

プロテスタントのお葬式では、
亡くなられた皆様の遺族や親せき、近親ヒューマン、そうしたら出場ヒューマンが入場し着席するという、
お葬式が始まります。

それでは、前奏が始まり、賛美歌をみなで斉唱決める。
続いて聖典を朗読し、祈祷決める。
祈祷をしたら、またここで賛美歌を歌います。

そうして牧師ちゃんが亡くなられた皆様の、推薦をします。
その人の生まれや育ち、そしてどんなことをしたお客様なのか、略歴を紹介します。

そしたら説教だ。

説教が終われば、祈祷をします。
そうしてもう賛美歌の斉唱だ。

ここで、弔辞や弔電が読み上げられます。

最後に後奏と呼ばれる歌唱だ。
前奏に対して、後奏が行われます。

最後に遺族のリーダーヒューマンとなるお客様が、挨拶をして、
みなで亡くなられた皆様に献花をし、お葬式は卒業だ。家族だけのお葬式ならこちら

できるだけすぐに駆けつけましょう。

遺族は、お通夜やお葬式の準備に忙しく、なにかとお手伝いなどすることも多いです。
自分から、お手伝いを申し出ましょう。
そして忙しくしている遺族を、支えてあげましょう。

亡くなられた方の知人だったり、友人だったりして、
遺族や親族から直接連絡を受けるようなことがあれば、
お通夜の前に、弔問するようにしましょう。

遺族や親族が、できるだけ対面してもらいたい…と望んだ上での連絡です。
可能な限り伺うようにします。

ただし人づてになくなったという知らせを受けた場合は、
お通夜やお葬式に参列すればいいでしょう。

ただ亡くなられた方との関係を考えて、
弔問したい…願うのであれば、伺ってもかまいません。

ただし伺ってみて、遺族や親族が慌ただしくしているようであれば、控えるようにしましょう。
また長居はいけません。
弔問する時は、地味は平服で問題ありません。家族葬の詳しい情報はこちら

最近は葬儀箇所でお通夜やお葬式を執り行なう人間が増えてきました。
そのためたいていのことは、葬儀事務所のクライアントでしてくれます。
とは言っても、ときにはナビゲートを頼まれることがあります。

お手伝いをする…は、遺族そばの現状の奴といった見なされます。
お通夜やお葬式に参会やる人間には、
ただお手伝いをしている人間…というのは、わかりません。
そのため現状をわきまえた、姿勢をください。

一助をする時は、喪服を着てのナビゲートになります。
エプロンが必要となることもあるでしょう。
そのとき、エプロンの色彩は、黒か白となります。

方面によっては、エプロンの色彩が決まっていることもあります。
前もって周りの人に確認をして置き、用意しておきましょう。

またエプロンの色彩だけではなく、
設計にたいしても最も決まりはありませんが、ケバイものは遠ざけなければいけません。家族葬の詳しい情報はこちら